くらし・手続き

トップページ記事付加保険料と付加年金

付加保険料と付加年金

概要・内容

国民年金の定額保険料に加えて、付加保険料(月額400円)を納めた場合、受け取る老齢基礎年金に、年額で【200円×付加保険料を納めた月数】の付加年金が加算されます。

 

付加年金の給付内容

受給額(年額)は200円×付加保険料納付月数で計算されます。

※国民年金の第1号被保険者以外の人は付加保険料を納めることはできません。

※国民年金基金に加入している人は、付加保険料を納めることはできません。

 

受給の例

20歳から60歳までの40年間毎月付加保険料を納めた場合(付加保険料の総額192,000円)

 →年額 96,000円増額

 

注意事項

付加保険料を納めるには申込みが必要です。

個人番号又は基礎年金番号の確認できる書類、印かんをお持ちになってお手続きください。

付加保険料の納付は、申し込みをした月分からとなります。

納付期限は、翌月末日です。

付加保険料を納付することを希望しなくなった場合は、付加保険料納付辞退申出書の提出が必要となります。

定額保険料が未納で付加保険料のみ納付したときは、付加保険料も未納になってしまいます。

 

様式

国民年金被保険者関係届書.pdf (PDF 185KB)

カテゴリー

お問い合わせ

住民記録係

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-4989

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ