くらし・手続き

老齢基礎年金

概要・内容

老齢基礎年金は、以下の受給資格期間を満たした人が、原則として65歳になったときから受けることができる年金です。

 

受給資格期間

次の期間を合計して、10年(120か月)以上あれば年金を受けとることができます。

  • 国民年金の保険料を納めた期間(第3号被保険者であった期間を含む)
  • 国民年金の保険料を免除又は猶予されていた期間
  • 厚生年金保険や共済組合への加入期間        
  • 国民年金に任意加入できる方が任意加入していなかった期間(合算対象期間)

 ※合算対象期間(カラ期間)とは

  • 昭和36年4月から昭和61年3月までの間で、厚生年金などの被用者年金に加入している方の配偶者で、国民年金に任意加入しなかった期間  
  • 昭和36年4月から平成3年3月までの間で、昼間部の学生で国民年金に任意加入しなかった期間
  • 昭和36年4月以降で、厚生年金等から脱退手当金を受給した期間
  • 昭和36年4月以降、海外に住んでいた期間  

 などがあります。

 

繰上げ受給

希望すれば、60歳から64歳までの間に繰上げて年金を受けることができます。
ただし、請求時の年齢に応じて、一定の割合で減額された年金額が、生涯にわたって支給されます。
なお、昭和16年4月2日以降に生まれた方については、月単位で減額率が変わります。

※繰上げ受給には、いくつかの注意点がありますので、希望される場合は、事前にご相談ください。

繰下げ受給

希望すれば、66歳から70歳までの間に繰下げて年金を受け取ることができます。
ただし、請求時の年齢に応じて、一定の割合で増額された年金額が、生涯にわたって支給されます。
なお、昭和16年4月2日以降に生まれた方については、月単位で増額率が変わります。

※繰下げ受給には、いくつかの注意点がありますので、希望される場合は、事前にご相談ください。

 

支給内容

20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。
保険料を全額免除された期間の年金額は2分の1(平成21年3月分までは3分の1)となりますが、保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。

平成30年4月分からの年金額(満額):年額779,300円(月額64,941円)

老齢基礎年金の計算式※昭和16年4月2日以後に生まれた方の場合

老齢年金計算式

※ご自身の将来受け取れる年金額を知りたい場合など、詳細はお近くの年金事務所にご相談ください。

 

請求の手続き

  • 65歳になる3か月前に、日本年金機構から「年金請求書」などの書類が事前に送付されますので、65歳の誕生日の前日以降に手続きをおこなってください。
  • 提出先は、加入していた年金が国民年金のみの方は山田町役場、または年金事務所です。
  • 厚生年金の加入期間もある方は年金事務所です。

 

請求後の流れ

  • 請求後60日程度で「年金証書・年金決定通知書」が日本年金機構から送付されます。
  • 受け取り開始年月は年金証書に記載の「受給権を取得した月」の翌月です。年金決定通知書に記載されています。
  • 年金がお受け取りできるのは、年金証書が送付されてからおおむね50日程度です。

カテゴリー

お問い合わせ

住民記録係

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-4989

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ