事業者向け

トップページ事業者向け産業農業岐阜県の養豚農場において豚コレラ6例目が確認されたことに伴う防疫対策の再徹底について

岐阜県の養豚農場において豚コレラ6例目が確認されたことに伴う防疫対策の再徹底について

岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(6例目)について

 

このことについて、農林水産省から次のとおり情報提供がありました。防疫対策の再徹底について皆様のご協力をお願いします。

 

平成30年12月25日、岐阜県関市の養豚農場において疑似患畜が確認されました。


1. 発生農場の概要

 所在地:岐阜県関市

 飼養状況: 繁殖豚871頭、肥育豚6,676頭


2. その他
(1)豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。
(2)当該農業は、豚コレラの疑いが生じた時点から飼養豚の移動を自粛しています。
(3)豚コレラ等の発生地域を訪問した際は、むやみに畜産農場に近づかないようご協力をお願いします。
(4)今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者は根拠のない噂などに混乱することがないよう、ご協力をお願いします。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ