くらし・手続き

シルバーリハビリ体操

シルバーリハビリ体操とは?

シルバーリハビリ体操は、いつでも、どこでも、どんな姿勢でも、道具がなくても行うことができる体操で、茨城県立健康プラザ管理者の大田仁史(おおたひとし)医学博士が考案した体操です。養成講習会に参加して認定を受けた住民が指導者となって、地域で体操指導を行うのが特徴です。山田町では平成28年度に導入し、町内各地区で体操指導が行われています。

シルバーリハビリ体操教室

山田町では、シルバーリハビリ体操教室を年1コース開催しています。住み慣れた地域で元気に過ごすために、シルバーリハビリ体操を体験してみませんか?

開催状況

年度別開催状況
  平成29年度 平成30年度
参加人数 29人(延141人) 24人(延154人)
回数 全9回 全9回
会場 まちなか交流センター 中央コミュニティセンター

今後の予定

平成31年度の日程は、詳細が決まりましたらホームページや広報でご案内します。

参加できる方

  • 医師から運動の制限を受けていない方

教室の様子

仲間と楽しくシルバーリハビリ体操を学ぶことができます。

体操教室の様子

シルバーリハビリ体操指導者養成講習会

山田町では、県主催のシルバーリハビリ体操指導者養成講習会に参加しています。ボランティアの体操指導者として、一緒に山田町の介護予防や健康づくりに取り組んでみませんか?

養成状況

平成30年12月現在、2級指導者12名、3級指導者30名が認定を受けています。

年度別養成状況
  平成28年度 平成29年度 平成30年度
3級指導者 17人 7人 6人
2級指導者 0人 6人 6人

今後の予定

平成31年度の日程は、詳細が決まりましたらホームページや広報でご案内します。

受講できる方

  • 山田町にお住いの方
  • 全6日間すべての講習に参加できる方(1日5時間程度)
  • 山田シルリハの会に入会し、ボランティアの体操指導者として地域で活動できる方

シルバーリハビリ体操指導者【山田シルリハの会】について

山田シルリハの会は、平成29年10月4日に発足しました。現在の会員数は23人で、介護予防教室、介護予防自主活動団体、老人クラブ、災害公営住宅等で体操指導を行っています。山田シルリハの会は、「明るく、楽しく、参加者とのコミュニケーションを何よりも大切に」活動しています。町や関係機関と協力しながら、シルバーリハビリ体操を活用した介護予防と通いの場づくりを行っています。

体操指導の依頼について

山田シルリハの会に体操指導を依頼される場合は、地域包括支援センターにご相談ください。日時や場所等のご希望を伺ったうえで調整いたします。

 

 

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

地域包括支援センター

山田町長寿福祉課 地域包括支援センター

電話:
0193-82-3136(直通)
Fax:
0193-82-4989

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ