くらし・手続き

トップページくらし・手続き健康・福祉健康子どもの予防接種の接種費用を助成しています
トップページくらし・手続き子育て・教育子育て子どもの予防接種の接種費用を助成しています

子どもの予防接種の接種費用を助成しています

町では、子どもの定期予防接種の対象者に接種費用を助成しています。

また、接種する際は、予防接種の有効性と副反応を理解のうえ、接種してください。

定期予防接種のご案内

定期予防接種のご案内 (PDF 166KB)

日本脳炎 特例措置 (PDF 63.9KB)

助成額

  • 定期予防接種助成事業

全額助成

  • 任意の予防接種助成事業

インフルエンザ・接種1回目 2,000円 2回目 3,200円

おたふくかぜ・接種1回につき4,000円

任意予防接種の対象者

インフルエンザ : 生後6か月以上令和2年3月31日までに18歳になる山田町に住所がある方

おたふくかぜ : 生後12か月以上生後24か月未満のお子さん

任意予防接種の助成期間

インフルエンザ : 平成31年10月1日から令和2年1月31日まで

おたふくかぜ : 平成31年4月1日から令和2年3月31日まで

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 健康保険証など住所と生年月日が確認できるもの
  • 予診票

予防接種実施医療機関と予防接種スケジュール

接種を受ける際には、各医療機関へ事前にお申込みください。

※協力医療機関以外の医療機関で接種をし、町の助成を受ける場合は、医療機関あての「予防接種実施依頼書」が必要です。必ず、予防接種を受ける前に下記のお問い合わせ先(山田町健康子ども課)まで「予防接種実施依頼書」を申請してください。

予防接種実施医療機関 (PDF 129KB)

定期予防接種のスケジュール (PDF 87KB)

注意事項

予防接種の接種間隔

◎生ワクチンを接種したら、次の接種を行うまでは27日間以上あける。

生ワクチン : BCG、麻しん風しん混合(MR)、おたふくかぜ、水ぼうそう、ロタウイルス

◎不活化ワクチンを接種したら、次の接種を行うまでは6日間以上あける。

不活化ワクチン : 肺炎球菌、ヒブ、四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、不活化ポリオ、日本脳炎、二種混合(DT)、子宮頸がんワクチン、インフルエンザ、B型肝炎、A型肝炎

予防接種を受けることができない人

  1. 明らかに発熱がある人(一般的に37.5℃以上の場合)
  2. 重篤な急性疾患にかかっている人
  3. 予防接種の成分によってアレルギー反応を起こしたことがある人
  4. その他、医師が不適当と判断した場合  

事前に主治医への相談が必要な人 

  1. 心臓病・腎臓病・肝臓病・血液の病気や発育障害などで治療を受けている人
  2. 過去の予防接種で、接種後2日以内に発熱がみられた人や、発疹やじんましん等のアレルギーと思われる症状がみられた人
  3. 過去にけいれんを起こしたことがある人
  4. 過去に免疫不全の診断がされている人や、近親者に先天性免疫不全の者がいる場合
  5. 接種しようとする予防接種の成分に対して、アレルギー反応を起こす恐れがある人
  6. 麻しん治療後4週間、風しん・水ぼうそう・インフルエンザ・おたふくかぜ等の治療後2~4週間、手足口病や突発性発疹、伝染性紅斑(りんご病)等の治療後1~2週間を経過していない人

カテゴリー

お問い合わせ

健康子ども課

健康管理係 内線 611・614

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-4989

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ