くらし・手続き

トップページくらし・手続き健康・福祉健康高齢者肺炎球菌予防接種の接種費用を助成しています

高齢者肺炎球菌予防接種の接種費用を助成しています

平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌予防接種が予防接種法に基づく定期予防接種になりました。

町では、定期予防接種の対象者に接種費用の一部を助成しています。対象者は毎年異なるため、接種を希望する方は、この機会を逃さないようにご注意ください。

また、接種する際は、予防接種の有効性と副反応を理解のうえ、接種してください。

肺炎球菌感染とは

肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支援、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがことがあります。

予防接種の有効性

肺炎球菌には93種類の血清型があり、平成26年10月からの定期接種で使用される23価ワクチンは、そのうちの23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。

副反応

予防接種後、一定の期間に次のような症状がみられることがあります。

  • 予防接種の注射の跡が、赤みを帯びたり、はれたり、痛んだりすることがありますが、通常2~3日のうちに治ります。
  • わずかながら熱が出たり、寒気がしたり、頭痛、全身のだるさなどがみられることもありますが、通常2~3日のうちに治ります。
  • まれに接種直後から数日中に発疹、じんましん、かゆみなどがあらわれることがあります。
  • 非常にまれですが、ショックやじんましん、呼吸困難などがあらわれることがありますが、接種後30分以内に生じます。(出典:厚生労働省ホームページ)

定期予防接種の対象者

山田町に住所を有し、(1)または(2)のどちらかに該当する方

(1)接種日時点で60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級を有する方および1級相当の障害を有する方)

(2)平成31年4月1日~令和2年3月31日までに、次の年齢になる方

対象者年齢表
年齢 生年月日
65歳 昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生まれ
70歳 昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生まれ
75歳 昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生まれ
80歳 昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生まれ
85歳 昭和9年4月2日~昭和10年4月1日生まれ
90歳 昭和4年4月2日~昭和5年4月1日生まれ
95歳 大正13年4月2日~大正14年4月1日生まれ
100歳以上となる方 大正9年4月1日以前生まれ

平成31年度までは、各年度で上記の年齢になる方が順番に定期接種の対象となります。

※過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けた方と、同接種に健康保険の適用がある方は、助成の対象になりません。

助成額と回数

生活保護受給者は8,139円を1回、その他の方は4,000円を1回

接種費用

医療機関が定める接種料金から町の助成額を引いた額

助成期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

実施医療機関

接種を受ける際には、各医療機関へ事前にお申込みください。

予防接種実施医療機関 (PDF 129KB)

持ち物

健康手帳、健康保険証など住所と生年月日が確認できるもの。
なお、「休日・夜間等診療手帳」及び身体障害者手帳(1級)をお持ちの方は、ご持参ください。

カテゴリー

お問い合わせ

健康子ども課

健康管理係 内線 611・612

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-4989

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ