くらし・手続き

トップページ記事野鳥の持つ病原体に注意しましょう

野鳥の持つ病原体に注意しましょう

野鳥の持つ病原体に注意しましょう

死んだ野鳥は素手で触らないでください

野生の鳥は、体内や羽毛に細菌や寄生虫、鳥インフルエンザウイルスなどの病原体を保有していることがあります。このため、死んでいる野鳥を見つけても素手で触らないよう注意してください。また、同じ場所でたくさんの鳥が死んでいるのを発見した場合は、町農林課までご連絡をお願いします。

野鳥の死亡原因

野生の鳥は、餌がとれずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触などの特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、過度に心配する必要はありません。

鳥インフルエンザの発生を予防しましょう

家庭で飼われている鶏などの家きん類は、渡り鳥から高病原性鳥インフルエンザおよび低病原性鳥インフルエンザに感染する場合があります。渡り鳥が飛来する季節になりましたので、鶏舎への野鳥の侵入防止や、鶏舎とその周辺の清掃・消毒など、予防対策を必ず行いましょう。異状を見つけた場合には、県中央家畜保健衛生所までご連絡をお願いします。

鳥インフルエンザに関する情報は以下の農林水産省のページをご覧ください。

令和2年度高病原性鳥インフルエンザ国内発生事例:農林水産省

鳥インフルエンザ発生予防対策リーフレット:農林水産省(PDF 152KB)

問い合わせ

 岩手県中央家畜保健衛生所(☎019-688-4111)

 

カテゴリー

お問い合わせ

農業振興係

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-3201

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ