くらし・手続き

トップページくらし・手続き税金国民健康保険税非自発的失業者に対する軽減制度

非自発的失業者に対する軽減制度

倒産や解雇など自ら望まない形で離職した方(非自発的失業者)の国民健康保険税について、おおむね在職中と同程度の負担となるように軽減する制度があります。

対象者

次のすべての条件を満たす人です。

  1. 離職時の年齢が満65歳未満の人
  2. 雇用保険の特定受給資格者または特定理由離職者

※2に該当するのは、雇用保険受給資格者証の「離職理由欄」に次の記載がある方です。
特定受給資格者・・・理由コードが「11」「12」「21」「22」「31」「32」の方
特定理由離職者・・・理由コードが「23」「33」「34」の方
なお、高年齢受給資格者証および特例受給資格者証をお持ちの方は対象となりません。

軽減額

国民健康保険税算定の基礎となる前年の給与所得を、本来の額の100分の30とみなして税額を算定します。
なお、非自発的失業者本人の給与所得以外の所得や、世帯内のほかの加入者の所得は、本来の額を用います。

軽減期間

離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末までの期間(最長2年間)軽減されます。

申請の方法

軽減を受けるには申請が必要です。印鑑と雇用保険受給資格者証、国民健康保険被保険者証をご持参の上、役場税務課で申請してください。

※雇用保険受給資格者証を紛失した場合は、公共職業安定所(ハローワーク)で再交付を受けてください。

カテゴリー

お問い合わせ

税務課

町民税係

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-4989

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ