事業者向け

トップページ事業者向け生産性向上特別措置法に基づく「導入促進基本計画」及び「固定資産税の特例」について
トップページ事業者向け事業者支援生産性向上特別措置法に基づく「導入促進基本計画」及び「固定資産税の特例」について

生産性向上特別措置法に基づく「導入促進基本計画」及び「固定資産税の特例」について

山田町では、中小企業等の労働生産性向上を図るため、生産性向上特別措置法(平成30年6月6日施行)に基づく導入促進基本計画を策定しました。

町内に事業所を有する中小企業等がこの計画に沿った「先端設備等導入計画」を作成し、本町の認定を受けて先端設備等を導入する場合に、次の特別措置を受けることができます。

  • 要件を満たした新規取得設備に係る固定資産税(償却資産)の課税標準を3年間ゼロとします。
  • 国の各種補助金の優先採択等の対象となります。

生産性向上特別措置法の概要

生産性向上特別措置法の概要については、関連リンクの中小企業庁のホームページをご覧ください。

山田町の導入促進基本計画

導入促進基本計画の概要は、

  • 労働生産性に関する目標:年率3%以上向上すること
  • 対象地域:町内全域
  • 対象業種・事業:すべての業種
  • 計画期間:国が同意した日(平成31年4月18日)から3年間
  • 先端設備等導入計画の計画期間:3年間、4年間、5年間のいずれか

詳しくは、ページ下部の添付ファイル「山田町導入促進基本計画」をご確認ください。

先端設備等導入計画の概要

先端設備等導入計画は、中小企業等が設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画で、生産性向上特別措置法において定められているものです。
この計画は、設備を設置する事業所がある市区町村が、国から導入促進基本計画の同意を受けている場合に、中小企業等が認定を受けることが可能です。
詳しくは、ページ下部の添付ファイル「山田町先端設備等導入計画の認定等に関する要綱」「先端設備等導入計画策定の手引き」及び関連リンクより中小企業庁のホームページの最新情報をご確認ください。

固定資産税の特例について

先端設備等導入計画に基づき、一定の要件を満たした新規取得設備については、市町村ごとに固定資産税(償却資産)の課税標準をゼロから2分の1の間で軽減できることとなっており、山田町では課税標準をゼロとし、新規取得設備の固定資産税(償却資産)の負担を3年間ゼロにします。

国の各補助金の優先採択等について

次の補助金が優先採択等の対象となります。

  • ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金
  • 小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)
  • 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン補助金)
  • サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT補助金)

関連リンク

生産性向上特別措置法による支援(中小企業庁) (外部サイト)
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html

関連ファイル

カテゴリー

お問い合わせ

商工観光チーム

電話:
0193-82-3111
Fax:
0193-82-3201

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力
閲覧履歴

このページの先頭へ