科学館について

 1987年、商業捕鯨最後の漁期に三陸沖で体長17.6m、体重60tの巨大なマッコウクジラが捕獲されました。
 かつては、捕鯨基地として栄え、豊かな海の恵みを受けてきたこの山田町の姿を後世に伝え、巨大マッコウクジラを残すために、この科学館は作られました。
 展示のため、巨大マッコウクジラは3年間地元の砂浜に埋め油抜きをしました。それを、小、中学生を中心として大勢の町民の手によって掘り出し、実物骨格標本ができあがったのです。科学館には、その標本と、捕獲された当時のリアルな復元モデルも製作され展示されています。


館内展示のテーマ

 鯨の生態を軸に、最先端の現代生物学の情報を織り交ぜて、知られざる海の世界へ3つのテーマによってご案内しております。

  1. 自然環境としての海
  2. 生活を育む海
  3. 人間と関わる海

 

科学館内の紹介

館内図

エントランスホール

海中プロムナード オリエンテーションシアター 常設展示室

大型水槽 特別展示室 海草標本 ラウンジ


開館時間
9:00〜16:30
(入場は16:00までにお願いします)

休館日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
(GW・春・夏休み期間中を除く)
年末年始(12月29日〜1月3日)
資料整理日(12月1日〜10日)

入館料金

 

個 人

団 体

大  人

610円

400円

高校・大学生

400円

210円

小・中学生

310円

150円

※幼児は無料 ※団体は20名以上


所在地
〒028-13 岩手県下閉伊郡山田町船越7-50-1
TEL: 0193-84-3985
FAX: 0193-84-3986


MAPへ戻る